>>全自動でスマホにお知らせ夢に見た現金収入のチャンス・・・

>> 6億稼ぐ不労収入システム


>> 何がなんでもTwitterで稼ぎたい…


【独立・開業】   >> 元銀行マンが作った銀行融資教材
【アフィリエイト】 >> 凄腕コピーライターのスキルをあなたも…
【FX投資法】>>毎月100万以上を安定的に稼げるようになるための教材


2016年02月21日

90日で告白を成功させる方法

もしあなたが、「告白」をサプライズ的な意味でとらえていて、最高にロマンティックなシチュエーションで、真剣に思いのたけを述べ、誠意を伝えるもの、と思っていたら。

まず、フラれます。

また、「告白」は、「1度だけ、思い切ってやるものだ」と思っていたら。

たぶん、フラれます。

じゃあどうやるのか?

まずは10メートル先のマトに当てる、とは具体的にどうすればいいのか?

最初に、あなたと女性との「距離」を4段階に分けて考えます。

1、他人
2、興味
3、信頼
4、恋愛

の4段階です。

これ、すごく重要なんですが、つまり
男と女の関係は「好き」か「嫌い」かの2段階ではない!

ということです。

そこでどうすればいいか?

まずは「他人」という場所から、「興味」という場所を狙います。

「興味」まできたら、次は「信頼」。

そして「信頼」まできて、初めて「恋愛」が狙えます。

そして「信頼」から「恋愛」を狙う時になってやっと、「告白」という武器を使用します。

逆に言うと、です。

「信頼」という場所まできていなければ、「告白」してはいけないんです。

思いだしてください。

10+10+10+10+10+10+10+10+10+10=100

これがプロのやり方でしたね。

ほとんどの人が、女性から「他人」と思われているか、あるいは、ちょっと「興味」がある、くらいの状態で、いきなり「告白」してフラれているんです。

そしてさらに、「信頼」から使用する「告白」すらも、もっと細かく分けて考えます。

「信頼」まで来ておいて、さらに

10+10+10+10+10+10+10+10+10+10=100

を行う。

だからこそ、圧倒的な成功率を誇るんです!

90日で告白を成功させる方法








実践者の声
 ↓

まじめで誠実で不器用な男向けです。
今、片思いのひとがいて、そのコに対してどうやって口説けばいいのか、分りました。

結論を言うと、相沢さんの商材はまじめで誠実な男向けの商材だと思います。
自分でいうのもなんですが、オレも基本、まじめで誠実で不器用なタイプです。
どうしても、できないことだってあります。この商材は、そこに誠意を感じました。

真面目で純粋なのは悪くない。ただ、恋愛は好意や善意だけでは絶対に無理、という壁みたいなのがあって、自分の恋愛を成就させるためには、最低限これは押さえておかないとダメだ!

というのが、分りました。

90日で告白を成功させる方法






パワーポイントを使用したビデオセミナー。

告白の真の意味を理解して、憧れの女性にどうアプローチし、いかに攻略するか、その必勝法を公開。

出会いの段階で何をすればいいか?
その後、初デートで話すべき内容とは何か?

メール術から会話術、駆け引きに至るまでの恋愛テクニック。

女性の本能と心理を理解し、恋愛の本質をつかむためのその方法とは?

90日で告白を成功させる方法




posted by はぴ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅に居ながらにして毎日のように可愛い子と出会う

ネットの出会いには出会うための型があり、その型どおりに進めていけば、誰でも簡単に出会えてしまうんですね。

恋愛経験ゼロの方が、基本に忠実にこなすことができるので、より結果が出やすいんですね。手順が明確に決まっており、そのままやるほど成果が出る。 ここまで来ると、もはやただの「作業」に近いでしょう。

「コピー」&「ペースト」

決して女性とのやりとりをバカにしているわけではないのですが、メールのやりとりもここまでくるとただの作業になってしまいます。

私は今や、この「女性とのメールのやりとり」を「難解なもの」とは全くとらえておらず、 女性の反応が上がる定型文を延々とコピペで返しているだけなのです。

テンプレートを基にして、相手の特徴を入れていくだけで 、面白いぐらいに相手の反応が上がっていくのです。

出会いテンプレート









「ネットで出会うのってこんなに簡単だったのか」
と、拍子抜けすることでしょう。
あなたもコピペの楽しさを存分に味わってください。
出会いテンプレート


posted by はぴ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

せどりとともに歩んで、稼ぎ続けたノウハウ→プロフィットせどり2

「日本歴代史上最高の古本ノウハウ」
ブックオフが苦手な私が人生で唯一体験したブックオフツアー。
そのツアーの主催者こそ、プロフィットせどり2の著者コータさんその人です。

ブックオフを極めている人と仕入れに行くと、笑っちゃうんですよ。
本を扱うときの手の動きが余りにも早すぎて。笑

冗談じゃなくて手の動きが見えないんですよ!

「本当にチェックしてるの?」
というくらいの猛スピードで棚をリサーチしていくんですね。

で、コレ、コレ、コレ。
あ、コレも。
というスピードで入店15分後には、2カゴが本でパンパンになります。

ただ、ツアーの内容が私にはレベルが高すぎたので
その場で全てのノウハウを落とし込むことができなかったんですね。

で、コータさんから後からコッソリ手渡されたのがプロフィットせどり2なんです。

教材のクオリティなんていまさら言うコトなんてありません。
「日本で間違いなくナンバーワンの古本せどらーが作成した教材」
冷静に考えてみてもこれ以上の古本ノウハウなんて存在するハズが無いんですよ。

「利益度外視で趣味でせどりをやりたい人」

にはおススメできませんが、
「せどりで本気で稼ぎたい人!」
には100%おススメできる。

日本歴代史上最高の古本ノウハウの誕生です。

プロフィットせどり2



posted by はぴ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガは稼げます。

明確に証明できる形であれば
年間1〜2億円くらいですが、
実際には3億円近い金額を
メルマガだけで稼いでいます。

そうです。

メルマガは稼げます。

それも圧倒的に。


なぜ、私だけがここまで圧倒的に
メルマガで稼ぎ続けられるのか?


この答えは、

・ステップ1:読者を集めて
・ステップ2:読者と信頼関係を築いて
・ステップ3:読者にセールスをする
・ステップ4:満足度を高めてリピートしてもらう

を誰よりも深く、濃く実践しているからです。

だからこそ、約23万部という読者数を維持・拡大し、
たった1人で毎年3億円近い金額を稼ぎ続けられています。

私以外の人が満足にメルマガで稼げていないのは
やっても意味がないことばかりやっているからです。

実際に「メルマガで稼げません」と
言っている人の話を聞くと
思わずため息が漏れるくらい
無駄なことばかりやっています。

と言うより、何も知らないんだな〜という感じ。

・効率良く濃い読者を集める方法も
・読者との濃い信頼関係を築く方法も
・読者の心に響くセールスの手法も
・読者の満足度を高めてリピートしてもらう方法も

メールマガジンで稼ぎ続けるために
本質的に必要なことをまったく知らないんだな、と。

The Mail Magazine












ラベル:The Mail Magazine
posted by はぴ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たった1人で年間1億円を稼ぎ続けている

メールマガジンをマスターし、好きな時に好きなだけの金額を思う存分稼いでみたいあんたへ・・・

この5年間で累計10億円以上、そして1つのアフィリエイトセンターだけでも年間1億円以上を現在進行形で稼ぎ続けている方法 です。
インターネットから好きなときに好きなだけの金額を生み出す方法

2015年後半の5ヶ月だけを見ても

2015年8月 ・・・1816万円
2015年9月 ・・・1783万円
2015年10月・・・2332万円
2015年11月・・・1685万円
2015年12月・・・2276万円

と、毎月1000万円を優に上回る報酬額を
獲得することができています。

あなたにも毎月1000万円以上の安定した入金があったら
あなたは何をするでしょうか。

あなたが、今やりたいと思っていることのほとんどを
実現させることができるのではないでしょうか。

年収1000万円ではなく、月収2000万円とかそういったレベルです。

・・・つづきを読む

The Mail Magazine






お金を稼ぐ方法はシンプルであればあるほど良いと考えています。

つまり、効率的であればあるほど良いですし、
レバレッジをかけにかけまくって
合理的であればあるほど良いということです。

何か簡単なアクションを1つ起こしただけで
何百万、何千万円といった金額が
一瞬のうちに降って湧いたように生まれる…

The Mail Magazine






posted by はぴ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする