>>全自動でスマホにお知らせ夢に見た現金収入のチャンス・・・

>> 6億稼ぐ不労収入システム


>> 何がなんでもTwitterで稼ぎたい…


【独立・開業】   >> 元銀行マンが作った銀行融資教材
【アフィリエイト】 >> 凄腕コピーライターのスキルをあなたも…
【FX投資法】>>毎月100万以上を安定的に稼げるようになるための教材


2010年01月20日

台湾で『アバター』見た男性が死亡、過剰な興奮が原因か


台湾で今月、高血圧症の持病がある42歳の男性が、3DのSF超大作『アバター(Avatar)』を見て過剰に興奮したことが要因とみられる脳卒中で死亡していたことが19日、明らかになった。

 この男性は、台湾北部の新竹(Hsinchu)で同作品を鑑賞中に気分が悪くなり、病院に運ばれた。医師によれば、病院に到着したとき、男性は高血圧で意識がなく、スキャナー検査で脳内出血が判明したという。

 医師は、「映画を見て過剰に興奮したことが引き金となり、症状が出たのではないか」と話した。

 男性は11日後に死亡。地元紙、中国時報(China Times)は、『アバター』を見て死亡した人は初めてと報じている。

 インターネットの映画に関するブログでは、『アバター』などの3D映画を見た人から、頭痛、吐き気、めまい、目のかすみなどを訴える書き込みが寄せられている。



3Dは、苦手な人もいるのかも…?




posted by はぴ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。