>>全自動でスマホにお知らせ夢に見た現金収入のチャンス・・・

>> 6億稼ぐ不労収入システム


>> 何がなんでもTwitterで稼ぎたい…


【独立・開業】   >> 元銀行マンが作った銀行融資教材
【アフィリエイト】 >> 凄腕コピーライターのスキルをあなたも…
【FX投資法】>>毎月100万以上を安定的に稼げるようになるための教材


2015年10月18日

ゴルフを短期間で上達させるには…?7日間シングルプログラム

ゴルフを短期間で上達させる方法

7日間シングルプログラムでは、
1日20分程度の練習で上達できる方法を公開しています。
短期間でゴルフが上達できる練習法です。

小学生から70台のシニアの方でも、
簡単だからこそ『続ける』ことができる練習法になります。
自然と、身体に正しい動きを覚えこませ…
筋肉の作用を発展応用したプログラムになっているので
複雑さも高度な体の使い方も一切ない…!?
あなたのスコアを80〜90にする、
7日間シングルプログラム公開中です。
>>> ゴルフを短期間で上達させる方法




たった3年間で189人の教え子を
シングルに導いたカリスマ小原大二郎プロの
7日間シングルプログラム 待望のver.3.0
このサイトと出会ったあなたは、今日から
ゴルフスイングの悩みに関する考え方が
変わることでしょう。
なぜなら、ゴルフ上達に関する
多くの常識が間違いであることに
気づくからです。。。

実践者の声
 ↓
・88のスコアーが簡単に出てしまいました。
ゴルフを始めて24年が経ちましたが
スコアー95から110を行ったり来たりで
90の壁をこえたスコアーを出すのが夢でした。
昨年12月から毎週練習場に行き始めましたが
打ち方もわからず成果は上がりませんでしたが
このプログラムを見つけ、成果が上がらなくて
元々と思い購入しました。
見始めたときゴルフの基本がわかりやすくびっくりし
練習を続けてきました。
なんと88のスコアーが簡単に出てしまいました。
 ↓
>>> ゴルフを短期間で上達させる方法



・シングルプログラムの中で、
最も印象的で良い影響を与えているのが、
「思いっきり左へ曲げて下さい」
「思いっきり右へ打って下さい」
の言葉です。
今までストレートボールだけを打とうとしていたので・・・
まだまだ課題は沢山あり、もっと練習していきます。
ありがとうございました。

・ドライバーのスライスがたまに出てしまうので
7Tでビジネスゾーンの練習をしながら
ドライバーに取り組んでます。
野球の経験があるので、
下半身を使って打っていると
回りから言われてますが、
小原先生のおっしゃる、
かるく握る意識はできるようになりました。

・今まで120以上平気でたたいていたのですが、
小原プロのDVDを購入して練習場で
腰から下のビジネスゾーンの練習を
7I、PW、52度でやったところ
109のスコアが出せました。
ビックリです。

・今回、このDVDを買って本当に良かったと思ってます。
良い教材の提供ありがとうございました。
後は結果につながれば万々歳ですが、
それは、もうすこし涼しくなったら
コースでニュースイングの成果を試したいです。
結果がでましたらまた報告したいと思います。

・今日のラウンドの午後に38が出ました(午前は44です)。
決して調子がいいと感じていたわけではなく、
なんとなく回って結果が出たという感じです。
おかげで今年のベストが更新できました。
 ↓
>>> ゴルフを短期間で上達させる方法



・ボールの位置による球の高低は知っていたんですが、 実際に打ち分けられませんでした。でも、腰位置のバックスイングのクラブ位置や角度を理解した事でしっかり打ち分けられるようになってミート率もよくなりました。
・小原さんの言うとおりにビジネスゾーンの練習を行いまして、アプローチがうまくいってます。ショートコースで練習をしてやむを得ずコースに仕事の付き合いでまわりました。
・本日、100を初めて切る事ができたので、報告させていただきます。今までのベストが108、パット41だったのが、今日のスコア91、パット35という結果でした。目標が100切りだったのに、途中80台でまわれるのではないかというぐらいのペースだったし、最終的に17も縮められて大満足でした。
・DVDのご指導のおかげで、余裕のせいか寄せも楽に打つことが出来、最近出なかった久々の80台が出ました。これも小原先生のDVDのおかげです。大変判りやすく、実践し易い印象を持ったこと、大変感謝しております。今後も実践し精進したいと思います。
・小原プロのシングル7日間をネットで見て、半信半疑のうちに購入を決意しました。結果、ベストスコア80(40-40)を出し、その後のラウンドで、前半38、後半51とハーフで38を出すことができました。私の目標はあくまでもシングルです。引き続き練習をしていきます!
・ラウンドはまだ3回目です。前まではグリップに注意して練習をずっとしてきました。いつもラウンド中は左へ引っ掛けのようなのが出ていましたが、ウソみたいになくなっていて驚いています。次のラウンドでは100切りの良いご報告ができそうです!
・私のゴルフ仲間は野球経験者が多く、飛距離はすごいです。そこで、自身も飛距離UPを目指し、あるレッスンプロのDVDを購入し、練習を積み重ねた時期がありましたが、そのせいでシャンク病に悩まされていました。しかし、教材のビジネスゾーンの練習をしたところ、シャンクが激減しました。
>>> ゴルフを短期間で上達させる方法




なぜ、短期間で上達するのでしょうか?
それには秘密があるんです。
では、あなたが上達するために必要なことは何なのでしょうか?
それは理論でも練習量でもありません。
狙い通りの球が打てるかどうかは、99%ある部分が占めているといっても過言ではない、ということです。

スイングの流れを大まかに分けると
 ↓
グリップ
アドレス
テークバック
ハーフウエイバック
トップスイング
切り返し
ハーフウエイダウン
インパクト
フォロー
フィニッシュ

基本的にこの流れに沿って、スイングをしているのですが…

この中で、『ボールを自在に操れる人』に共通する部分を考えてください。
人によって動きが変わらない部分はどこでしょうか??

グリップは・・・人それぞれです。
こうでなくてはいけない!というものは存在しませんよね。

アドレスも、その人の体型やクセで全く違ってきます。
こうやって順番にスイングを追って見ていくとある一点だけ、
優れたプレイヤーに共通する部分が見えてくるはずです。
・・・・・・
そうです。
それは、インパクトです。

ボールをどこに、どのように飛ばしたいのか。
それによって、フェースにボールをどう当てたらよいか、
この部分だけは優れたプレイヤー全てに唯一共通することなのです。

つまり、この「理想的なインパクト」はどんなに個性的なスイングであれ、変則的なアドレスやグリップであれ、最終的に優れたプレイヤーは理想のインパクトを向かえるということです。しかし、「インパクト」を点で考えるとゴルフは難しくなります。そこで、点でなく、線(ゾーン)で考えることが大事になってきます。インパクト前後のゾーンを極めることが、ショットの精度につながるということです。そしてこのことは別名*『ビジネスゾーン』とも呼びます。
*このゾーンさえ安定すれば、ゴルフで食べていけることからプロの間で使われ始めた言葉
多くのゴルフ教材は、まずグリップの紹介、そしてアドレスの取り方・・・という順番で説明していると思います。スイングの流れに沿って、「ウェートの配分は均等に!」あるいは「左7:右3」といった具合に教えていますよね。ですが、私からすると、パーツに分けて型に当てはめることは、ゴルフを複雑にしている原因だと思っています。そうではなく、逆算から作り上げる。プロセスではなく、結果から作り上げることで、上達のスピードは今までの常識を覆すほど変わってきます。 そして、ゴルフが変わります。
結果の部分を正しく作りあげることで、グリップやトップの形を少し変えたときには結果がどう変化するのかがわかります。今まで孤立していたパーツが潤滑油が注がれたようにダイナミックに連動し始めるのです。正確なインパクトから作り上げられたスイングは、練習を重ねるごとに、理想のポジションに自然に収まっていくものです。この練習法を取り組む過程は今までのように、どうしたらまっすぐボールが飛ぶのか?などのストレスを伴うものでなく、どう変化するのかを楽しむといっても言い過ぎではありません。そして、この方法の一部を私のレッスンに取り組んだとたん、想像もつかなかった事が…
>>> ゴルフを短期間で上達させる方法










ゴルフを短期間で上達させる方法

7日間シングルプログラムでは、1日20分程度の練習で、すぐに上達できる…短期間でゴルフが上達できる練習法を公開中です。小学生から70台のシニアの方でも、簡単だからこそ『続ける』ことができる練習法になります。自然に身体に正しい動きを覚えこませ…筋肉の作用を発展応用したプログラムになっているので複雑さも高度な体の使い方も一切ない…!?あなたのスコアを80〜90にする、7日間シングルプログラム  公開中です。
>>> ゴルフを短期間で上達させる方法
posted by はぴ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック