>>全自動でスマホにお知らせ夢に見た現金収入のチャンス・・・

>> 6億稼ぐ不労収入システム


>> 何がなんでもTwitterで稼ぎたい…


【独立・開業】   >> 元銀行マンが作った銀行融資教材
【アフィリエイト】 >> 凄腕コピーライターのスキルをあなたも…
【FX投資法】>>毎月100万以上を安定的に稼げるようになるための教材


2010年10月01日

たばこ値上げ、禁煙の動きは広まるか


たばこ値上げ、禁煙の動きは広まるか

日本全国で1日、増税に伴い、たばこが大幅に値上げされた。20本入り1箱の値上げ幅は100〜140円前後で、ブランドによっては40%の値上げ。禁煙の動きが広がると期待される一方、たばこ店などでは直前の駆け込み需要が急増した。

 たばこの増税は、2009年の鳩山政権による閣議決定で、今月から1本につき3.5円引き上げられた。報道によると、厚生労働省は将来的に欧米並みの700円前後まで価格を引き上げることを検討しているという。

 増税直前の9月には、たばこを買いだめする人が目立った。大田区のたばこ店では、たばこ100カートン・30万円分を一度に購入する人も現れたほか、国内ではたばこの盗難事件も相次いで発生した。

 一方で禁煙の動きも広がっており、あるアンケート調査では喫煙者の58%が増税を機に禁煙を考えていると回答している。


posted by はぴ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事・国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

『ノルウェイの森』をベネチアで上映、松山ケンイチら登場


『ノルウェイの森』をベネチアで上映、松山ケンイチら登場

イタリアで開催中の第67回ベネチア国際映画祭(Venice International Film Festival)で2日、コンペティション部門に出品されている映画『ノルウェイの森(Norwegian Wood)』の記者会見が行われ、監督と出演者らが出席した。写真は、フォトコールに登場した(左から)水原希子(Kiko Mizuhara)、松山ケンイチ(Kenichi Matsuyama)、菊地凛子
posted by はぴ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事・国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

織姫がお魚に餌、シーパラの七夕イベント


織姫がお魚に餌、シーパラの七夕イベント

横浜・八景島シーパラダイス(Hakkeijima Sea Paradise)では、7月7日の七夕を前に、織姫の衣装を着た女性ダイバーが水槽内の魚に餌を与えるイベントが行われている。7月7日まで。
posted by はぴ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事・国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ドラえもんの秘密道具が実現!?日本科学未来館で企画展


ドラえもんの秘密道具が実現!?日本科学未来館で企画展

22世紀からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん(Doraemon)」が誕生してから40年。このドラえもんの秘密道具の一部を実際に体験できる企画展「ドラえもんの科学みらい展」が12日から、都内の「日本科学未来館(National Museum of Emerging Science and Innovation、Miraikan)」で開催されている。

 同展では、ドラえもんに出てくるような「透明マント」や「マイクロ体内ロボット」、「ブレーン・マシーン・インターフェース」、「ドリームテレビ」などの最先端の科学技術が展示されている。

 例えば、「透明マント」は再帰性反射材という特殊な布を使用したもので、着ている人の背景の映像をプロジェクターで映し出し、まるで透明人間になったかのような印象を与える。この技術はまだ商品化されていないが、今後、さまざまな分野での利用が期待されている。

 また、あの「スモールライト」に関連した展示もある。これは、全長わずか3センチの医療用マイクロロボットだ。開発した立命館大学(Ritsumeikan University)の研究チームは、このロボットはまもなく実用化されるもので、患者の体内に入り内臓などを撮影するほか、投薬やサンプル採取なども行うという。

 未来館の毛利衛(Mamoru Mori)館長は、ドラえもんの世界は多くの研究者や科学者が夢見ている世界で、こうした研究者たちが世界を少しずつ便利なものにしてきたと語った。

 期間は9月27日まで。
posted by はぴ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事・国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

日本の死刑囚、精神障害を発症する危険 アムネスティが報告書



国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は10日、「残酷で非人道的、品位を傷つける」状態におかれているために、日本の多数の死刑囚が精神障害を発症する危険にさらされているとの報告書を発表した。

 報告書によると、日本の死刑囚97人は、死刑が執行されるのかどうか、また、いつ死刑が執行されるのかわからない状態のまま、死刑執行の日を待つ毎日を送っている。この不安定な状況が、死刑囚に非常に大きな精神的ストレスを生み出しているという。

「法的手続きが終了した死刑囚は、告知からわずか数時間後に行われることになる死刑執行を待つ日々を強いられている」(アムネスティ報告書)

「毎日が、死刑囚にとって最後の日になる可能性があり、死刑執行状を持った刑務官が現れた場合には数時間以内に死刑が執行されることになる。何年、何十年とこのような毎日を送る死刑囚もいる」

 アムネスティの医療専門家で、報告書の主執筆者のジェームス・ウェルシュ(James Welsh)氏は、「長期間にわたって、差し迫った死の脅威のもとにさらすことは、残酷で非人道的、品位を傷つける行為だ」と述べた。

 また、アムネスティによると、「トイレに行くことを除いて、死刑囚は独房の中で動くことを認められておらず、座り続けていなければならない」という。「死刑囚は、ほかの受刑者と比べて外気や外光に触れることのできる機会が少ない。また、規則が厳しいために懲罰を受ける機会も多い」

 アムネスティは、「これらの非人道的な状況は、死刑囚の不安と苦悩を増大させ、多くの場合、死刑囚を精神障害へと追い込んでいる」と述べ、「死刑囚が深刻な精神疾患を発症しないように、死刑囚の処遇をただちに改善する必要がある」と述べた。
posted by はぴ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事・国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。