>> スマホを確認するだけで資産が勝手に増え続ける…

>> 6億稼ぐ不労収入システム


>> 何がなんでもTwitterで稼ぎたい…

>> トレンドアフィリエイトで月100万円!


>> 太る体質から痩せる体質に変わる
“ある要素”を活性化させて驚異の脂肪燃焼体質へ☆
モデルが実践するトータルビューティーワークのダイエット法!



【独立・開業】   >> 開業が多く見られる50業種を徹底解説
【アフィリエイト】 >> 凄腕コピーライターのスキルをあなたも…
【FX投資法】>>月100万を超えるトレードの収入のみで生活している


2010年11月17日

ニューヨークMoMAで『ハート・ロッカー』監督K・ビグローを祝福!


ニューヨークMoMAで『ハート・ロッカー』監督K・ビグローを祝福!

米ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art、MoMA)で10日、今年度アカデミー賞(Academy Awards)で女性初の監督賞に輝いた『ハート・ロッカー(The Hurt Locker)』のキャスリン・ビグロー(Kathryn Bigelow)監督を称えるイベント第3回「モマ・フィルム・ベネフィット・ガラ(MoMA Film Benefit Gala)」が開催された。

■YSLのドレスがお似合い

 アカデミー賞授賞式で「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」のグレーのロングドレスを着用していたビグロー監督は、この日も同ブランドのドレスをチョイス。美しいブルーのラップドレスに、ブラックのシューズとクラッチをあわせたスタイルで登場した。ビグロー監督は「最初は画家としてスタートしました。NYでホイットニー美術館のプログラムに参加し、ずっと芸術作品を作り続けていきたいと思うようになったんです。そして映画に目覚め、たちまち夢中になりました」と振り返る。

■キュレーターも祝福

 MoMAフィルム部門チーム・キュレーターのラジェンドラ・ロイ(Rajendra Roy)は、「我々は、ビグロー監督が80年代に『ニア・ダーク/月夜の出来事(Near Dark)』を発表したころから、彼女を気鋭の映像作家として紹介してきました。当時は無名で最近になり賞賛を受けるようになりましたが、このような形で彼女の帰還を祝うことができ嬉しく思います」と祝福のコメント。ちなみにラジェンドラは、デザイナーのレイチェル・ロイ(Rachel Roy)と兄弟だ。
 
■多彩なゲスト

 会場には、同パーティのホストを務めた女優のジョディ・フォスター(Jodie Foster)を筆頭に、「ハート・ロッカー」に出演した俳優アンソニー・ マッキー(Anthony Mackie)、女優のメリッサ・ジョージ(Melissa George)、米「 ヴォーグ(VOGUE)」のアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長やフォトグラファーのビル・カニンガム(Bill Cunningham)、芸術家のマリーナ・ アブラモヴィッチ(Marina Abramovic)など各界の著名人らが出席。

 ロックバンド「メトリック(Metric)」と「イエ・イエ・イエーズ(Yeah Yeah Yeah's)」のニック・ジナー(Nick Zinner)によるライブ・パフォーマンスを楽しんだ。
posted by はぴ at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

活躍の幅を広げる「プラスサイズ・モデル」、ショーへの起用は?



「プラスサイズ・モデル」と称されるふくよかな体型のモデルたちが雑誌の表紙やテレビ、ランジェリーカタログなどで活躍の幅を広げている。フランス版「エル(Elle)」は今年3月にプラスサイズ・モデルたちを起用した特集号を発売。好調な売り上げを記録した。しかしながら、各国で開催されるファッションショーでは、プラスサイズは依然として「例外」扱いのようだ。

 11年春夏ニューヨークコレクションでは、プラスサイズの女性に向けたスペシャル・ファッションショーが初めて開催された。しかし、このイベントはあくまでも主流のデザイナーのランウェイショーの片隅でひっそりと開催されたもの。やせ過ぎモデルに対する議論が続いている中にも関わらず、ファッション・ウィーク全体では今も「ほっそりとした体型」がお決まりになっている。

■プラスサイズへの需要

 プラスサイズ専門のモデル事務所「ヒューズ・モデルズ(Hughes Models)」のブッキング担当サラ・トラバース(Sarah Travers)は「いつもショーでプラスサイズ・モデルが起用されることを祈っています。これまでのところ、毎回落胆させられていますが」と語る。「私たちは20年間にわたりプラスサイズのモデルや女性たちを奨励してきました。英国女性の平均的なサイズは14〜16。ファッション産業は、それに気付くのがとても遅いと思います」

 シェリル・ヒューズ(Cheryl Hughes)によって約20年前に設立された「ヒューズ・モデルズ」はプラスサイズ専門モデル事務所の草分け的存在だ。現在では、プラスサイズを専門としたモデル事務所やクライアントが増加しつつある。同事務所に所属する25歳のモデル、ラウラ(Laura)は「私が対象とするマーケットはサイズ14〜16です。一度も体重を落とすように命じられたことはありません。体重が減ると、仕事が減ってしまうので」と語る。「素晴らしいことに、最近私たちも編集ページやハイファッションの仕事が増えてきました。しかし、より一層の拡大が必要です。ハイファッションブランドには、美しい曲線を持った女性たちの要求を満たして欲しいと思います」

■やせ過ぎにNO

 やせ過ぎのモデルに対する議論は、ブラジル人モデルアナ・カロリナ・レストン(Ana Carolina Reston)さんが06年に拒食症が原因で死去したことをきっかけに本格化した。その後、スペインとイタリアでは一定の肥満度指数(BMI値)に達しないモデルのショー出演を禁止。一方で、イギリスでは16歳未満のモデルの起用を禁止するのみにとどまった。

 しかしヒューズは、16〜20歳のモデルが、ファッション産業からのプレッシャーに押しつぶされる危険が最も高い時期だと警告する。「業界が15〜16歳の少女をピックアップすることに一部の責任があると思います。ほっそりとした子どもが女性的なサイズに成長するとき、彼女たちにはひどい試練が降りかかるのです。少女たちの多くは変化に上手く対処できません」

 08年には、事務所から12キロの減量を命じられた英国人モデルのケイティー・グリーン(Katie Green)が「Say No to Size Zero(サイズ・ゼロにノーと言おう)」運動をおこし、多くの賛同を得た。「サイズ・ゼロは恐ろしい。私たちは多くの犠牲者を出してきました。とても悲しいことです」とトラバース。「この動きが大きなスタートとなり、ランウェイにも影響を与えることでしょう」。
posted by はぴ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

第16回映画俳優組合賞、女優のレッドカーペットスタイルをチェック!


第16回映画俳優組合賞、女優のレッドカーペットスタイルをチェック!

米ロサンゼルス市内で23日、第16回映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)授賞式が開催された。レッドカーペットには、先日の第67回ゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)と同様ドレスアップした華やかな女優たちが登場した。

posted by はぴ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

「SK-II」30周年記念イベント、小雪ら美人アンバサダー10人が登場


「SK-II」30周年記念イベント、小雪ら美人アンバサダー10人が登場
都内で26日、スキンケアブランド「SK-II」の30周年記念イベントが開かれ、小雪(Koyuki)、桃井かおり(Kaori Momoi)、ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)ら10人の女優やモデル「SK-IIアンバサダー」が登場した。

写真は、記念イベントに登場した「SK-IIアンバサダー」の(左から)ジープ(Sopidnapa 'Jeab' Chumpani、タイ)、スーザン・バクティア(Susan Bachtiar、インドネシア)、キム・ヒエ(Kim Hee-Ae、韓国)、カリーナ・ラウ(Carina Lau、香港)、桃井かおり(Kaori Momoi)、ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett、豪)、小雪(Koyuki)、チチ(Qiqi、香港) 、リー・シンジェ(Lee Sinje、台湾)、Suquan Bulakul
posted by はぴ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界屈指の「美の競演」、ミス・ユニバースの写真撮影


世界屈指の「美の競演」、ミス・ユニバースの写真撮影

米ニューヨーク(New York)で26日、ミス・ユニバース(Miss Universe)本部によるミス・ユニバース、ミスUSA、ミス・ティーンUSAの公式写真撮影が行われた。写真は、カメラに向かってポーズを取る(左から)ミス・ティーンUSAのストーミ・ヘンリー(Stormi Henley)さん、ミス・ユニバースのステファニア・フェルナンデス(Stefania Fernandez)さん、ミスUSAの(Kristen Dalton)さん
posted by はぴ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

前北米カルティエCEO、ハリー・ウィンストンCEOへ


前北米カルティエCEO、ハリー・ウィンストンCEOへ

カルティエ・ノース・アメリカ(Cartier North America)の最高経営責任者(CEO)を正式に辞任したFrederic de Narp氏が、ハリー・ウィンストン(Harry Winston)の社長兼CEOに就任することが4日、発表された。

 De Narp氏は1991年に「カルティエ(Cartier)」に入社、2005年にカルティエ・ノース・アメリカのCEOに就任した。人当たりの良い性格でブランドイメージの向上とセレブリティとの関係構築において功績を挙げた。人気を集めた「Love」キャンペーンも彼がスタートさせたものだ。

 一方、De Narp氏にその地位を譲る現職のThomas J. O'Neill氏は、在任中の5年間でアジア圏を含めたブティックを19店舗にまで拡大し、家族経営の企業をニューヨーク証券取引所の上場企業に成長させた。De Narp新CEOは今後、Robert Gannicott会長兼CEOのもとで活動することになると伝えられている。

 またDe Narp氏の辞任を受け、エマニュエル・ペラン(Emmanuel Perrin)氏がカルティエ・ノース・アメリカのCEOに就任する
posted by はぴ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする